離婚相談: 熟年離婚【年金分割、慰謝料、財産分与、養育費・・・】など、女性行政書士・CFPによる離婚相談と離婚協議書作成。

離婚協議書
離婚相談と離婚協議書作成支援


話し合いで離婚する場合、離婚の原因はどのようなことであっても構いません。
婚姻生活を継続できない、継続しないという合意があり、離婚届を提出すれば成立します。
そのため、しっかり取り決めをしないまま離婚してしまう場合があります

特別な場合を除き、離婚後の話合となるとより難しくなるケースがほとんどです。


財産分与や養育費などそれぞれの事情に応じた取決めがなく、後で困ったことにならないように・・・お互いに話し合いをして、双方で決めたことを離婚協議書に記載します。
また、後日の紛争を避けるためには、離婚協議書を公正証書として作成します。

特に、養育費などの永続的な支払や、長期にわたる住宅ローンの支払や、分割払いの金銭給付がある場合には、公正証書による契約とします。

  財産分与の取り決め、年金分割の話合、養育費支払額
  子供と一緒に暮らさない親の面接権、慰謝料について など

それぞれ異なる事情に合わせて、
協議内容をしっかりした契約の形にします

離婚届を出すのは、離婚協議書が出来上がってからとなります。

必要なことを網羅した離婚協議書の作成と、
二人揃って出向けない等事情がある場合、公正証書手続き代行いたします。



                   
離婚協議書・公正証書 作成サポート
離婚後のトラブルを避けるために!
離婚協議書の作成は、後日の証拠となります。また、金銭の支払いが生じる場合は強制力の生じる公正証書が、約束を確かな形にします


離婚協議書を公正証書にする場合
揃って公証役場に出向く必要があります。
  忙しくて時間が無い
  二人揃って公証役場に行くのは嫌
など、二人で出向けない事情がある場合には、代行いたします。

            女性行政書士が、公正証書作成の手続を代行いたします

ひとりで悩まないで!
   自分自身のこと、子供のこと、これからの生活のこと
   離婚の際に、対処しておかなくてはならないことは、
   お一人お一人異なります。
                      
     養育費をきちんと払ってもらえるようにしたい
     ご自分の生活について、経済的問題を解決したい
     年金分割や財産について、取り決めておきたい
     ローン付きの家を、どうしたら良いのか     など

   
   離婚後に問題を引きずらないために
    必要なことを網羅し、確かな形にするために、
                女性行政書士による離婚協議書作成支援
               
熟年離婚・熟年離婚相談
熟年離婚を提案したとき、受ける側との温度差に戸惑うケースもあります。
今までこれが夫婦の標準だと思っていたことが、他方にとってはそうではなかったと知るときです。

直せる可能性が有るならば関係を修復することも試みましょう。


また、離婚後の生活の現実を切り離して考えることはできません。
経済的な困難が考えられるなら、経済的問題を解決しなければなりません。


ここまで来たのだから、続けるのが無難な道ではありませんか?

でも、限界が来ているのなら
あなたにとっての未来がどうしたら築けるのか
熟年離婚について、真剣に考えなければなりません

専門家に相談することで整理がつき、未来の道も開けてきます。

                        
お知らせ
女性行政書士&FP
による
離婚相談〜
問題整理から
離婚協議書作成


飯野行政書士事務所
飯野FP事務所
住所
〒665-0033
兵庫県宝塚市伊子志3−14−28−601
阪急逆瀬川駅徒歩8分
電話番号
電話

( 0797 )
  72−4715
対応できる地域
兵庫県・宝塚市・西宮市・
川西市・芦屋市・伊丹市・
尼崎市・神戸市・池田市・
豊中市・三田市・篠山市・
大阪市・近畿地区全般・
大阪府・阪神地区・